日々の記録

生きる

先日、息子が通う中学校で校舎落成竣工式があったんです。
贅沢な作りの校舎には、市立図書館の分館が新たに併設されました。

これはちょうどいい機会!
新しく利用カードを作り、はじめて借りたのがこれです。

IMG_0090.jpg

1952年制作の黒沢明監督作品
生きる

なぜなら彼は時間を潰しているだけだからだ
彼には生きた時間がない
つまり彼は生きているとは言えないからである

そんなナレーションで導入されていく映画の内容は
60年前とは思えない新鮮なものでした


今も、私の周りでも、何もしないのが仕事みたいな話を聞きますが・・・
私は生きていると実感して仕事をし、遊び、生きたい。


このDVDを借りた図書館、
分館ですから、少しずつ本館からチョイスされて本やDVDが並べられています。
司書さんの好みがなんだか共感持てるんです。
これから学校に行くたび、いろいろ借りてみたいと思っています。
関連記事

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2011/08/31(水) 21:33:46|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の終わりに | ホーム | 理由ははっきりしています>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimicyan.blog.fc2.com/tb.php/378-d71684c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

きみちゃんだ

Author:きみちゃんだ
その時感じたこと、そのとき目にしたもの、その中から写真を選んでUPします
その時の気分ですので、更新は不定期です








コンパクトデジカメにて

今日の一枚

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード